一円のブログ

FULLASTERN’s Blog

独り善がりで、ひとりヨガってる。

【マゾヒズムは世界を救う】お題「ランナーズハイ」1人連想ゲーム

1人連想ゲームです。

「なんやそれ、いてこますぞ!オラ!」と言っているそこのアナタ!コワイです…。

簡単に説明を致しましょう。

話がグレまくる話です。

ある単語から発想を膨らませ、僕が楽しくなるというみかじめ料の要らない幸せな世界です。

何言ってる分からないと思いますが、それでもよろしければ。

少しセンシティヴな単語が含まれています。見たくない方はブラウザバックを推奨します。


ランナーズハイ」

ランナーズハイ(runner's high)とは、人が長時間の走行中に経験する陶酔感や恍惚感。

出典:Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%8F%E3%82%A4_(%E7%94%9F%E4%BD%93)

僕のがいた高校は毎年「マラソン大会」をしていました。男子は8キロ、女子は4キロ。山を3つ超え、山の上に帰ってくるというエグいルートを走っていました。

その中でも心臓破りの坂と呼ばれるクッッッソ長い坂がありました。多分2キロくらいあったんじゃないですかね。勾配は肘を曲げたくらいだったと思います。

心臓破りの坂は最後に来るので、その時点で過呼吸になってえずきながら死に物狂いで登ってました。

その時ですね。ランナーズハイになったのは。
だんだんと「気持ちよく」なっていくんです。
だからと言って「苦しくない」訳じゃありません。ものすんごく苦しいです。
相反する感情である「気持ち良さ」と「苦しさ」が同棲しているカオスな状況です。
例えるなら水と油が一緒になった乳化状態ですね。

水が気持ち良さだとすると油は苦しさ。
乳化する為には乳化剤が必要になります。
だとするとランナーズハイの間に作用した感情の乳化剤とは何でしょうか。

僕はマゾヒズムだと考えます。
マゾヒズムのプロセスは極度のストレスと興奮です。
走ることにも同じことがいえます。
走るという行為は肉体的ストレスを発生させアドレナリンが大量に分泌します。

これによりハードSMと似た状況が作り出されるという訳です。
ここから推測されることですが、自分を追い込む癖のある人はセルフSMを行なっているのではないでしょうか。

ラソンランナーが走ることでセルフマゾヒズムを行なって快感を得ているという仮説をたてると、四十何某キロメートルも走ることにも納得できます。

事実は努力の賜物だと思いますが、走ることに快感を得ている人は存在しないのでしょうか。もしくは努力という行為自体に快感を得ている人はいないのでしょうか。

僕の受験時代には努力に快感を得ていたと思う節があります。
ですが、努力は得てして苦しいものだと描かれます。
本当にそうでしょうか。
努力は本来楽しく気持ちが良いものなのに、それを強制されるから楽しく感じなくなってしまうのではないでしょうか。

だからこそ本当の意味で努力をできる人こそ努力の天才だとか呼ばれるんだと思います。

トーマス・エジソン「天才とは、1%の閃きと99%の努力」だと言いました。
この言葉は99%の努力をしても1%の閃きがなければその努力は無駄になるという意味です。

ですが、僕はこの99%の努力こそ重要だと思っています。99%の努力がなければ、1%の閃きがあっても意味がないとは思いませんか。
99%の努力をし続けた人間にこそ閃きが訪れる。
こう捉えることこそ天才と呼ばれた人物の閃きを生み出す力になるんだと思います。

でも僕は努力至上主義者ではないので、適当に手を抜いて努力しているフリをします。
手を抜くことには手を抜きません。
ハッタリ至上主義でやったります。

だからといって真面目に努力している人や努力自慢主義者を馬鹿にしたりしません。それも努力の1つの形です。

僕は手を抜くところは抜きますが、やると決めたら僕の匙加減で一生懸命やります。
全部真面目にやってたら壊れますからね。

僕にとっての努力は楽しいものですが、他の人にとっては苦しいものかもしれません。全ての人が苦しみに快感を覚えるマゾヒストであれば恐らくこの世界はもっと素敵になっていたんじゃないかと思います。

努力というマゾヒスムに快感を覚える本当の努力家のマゾヒストこそが新しいものを生み出し、より良い世界を生み出していくのでしょう。
マゾヒストによって平和になる世界、面白そうですね。

マゾが世界を平和にするとか論理もくそもない内容で自分もよくわかりません。

マゾ繋がりですが、SM系のAVって大してSMしてないですよね。
僕が見てるのがSMの仮面を被ったソフトSMとかいう塵芥というのは置いておいて、ハードなのって個人撮影でしか見た事ないです。

AVのSMは亀甲縛り、猿轡、蝋燭、ケツ叩き、鞭打ち、首絞め、くらいしかやってないんですよね。しかも見た目が痛そうなだけで、実際はあまり痛くないヤツばかり。

もっとディープなものを見たい。AVは何処かで見たことあるようなのばかり。僕が思いつくのはエログロナンセンスなものばかりなのでここには書きません。

女優さんの負担を考えると今の形が最良なんだと思います。バッキー事件のような悲惨な事件もありましたし、もっと優しくなっていく世界なのはわかってます。
でも作り物の世界くらいアブノーマルなものを見たい。この気持ちわかりませんか。
だから最近は妄想で致しています。

ブログ始めてから妄想力が上がった気がします。寝る前とか色んな妄想をして頭の中で気持ちよくなって寝る。みたいなことをやっちゃってます。

妄想って楽しいですね。いつか妄想をブログに垂れ流す時が来そうでドキドキ💓してますが。

妄想を吐き出し始めたら無視してください。

ツイッターにはガンガン「ブログ書きましたツイート」をすると思うので、ミュートするかリムるかブロックするかして下さい。

妄想抜き、いいですよ。

おわり。


東京事変/丸ノ内サディスティック

YouTube