一円のブログ

FULLASTERN’s Blog

独り善がりで、ひとりヨガってる。

妹の読書感想文を代わりに書いた話

妹の読書感想文を書きました、宿題は原稿用紙5枚半、2,200字でした

題材の本の名前は猫の惑星、梶尾真治さんの本です

本の内容については書きません

 

自分は今ではこうやってブログを始めるくらいには書くことは嫌いではありません

が、

妹ちゃん(激かわ)は書くのが苦手というか日本語自体不自由な変な子なんです

とうもろこしの事をとうもころしと言ったり、四字熟語の使い方がおかしかったり、それも可愛いですが

そんな激かわな妹ちゃんに書いてとせがまれ、快く引き受けました

本を読むのが一番しんどかったです、270項くらいでしたが、なにせ普段あまり本を読まないので読むのが遅く、5時間くらいかかってしまいました笑

(あらすじや感想のメモなど書きながらというのもありますが)

書くのは1時間ほどで、猫についてと少しあらすじや感想など色々と書いてたらすぐに書き終わりました

 

原稿用紙に書くと怠くなってくるのでルーズリーフ一枚表裏びっしり書いて大体3000字くらいになりました(長かったので少し削りました)

この原稿用紙に書くと怠くなってくるのは何故なんでしょうかね?

デジタルやルーズリーフに書くほうがかなり楽に書けるんですよね

自分が学生の頃の殆どは原稿用紙に最初から書いていたのですが、ある時からスマホのメモ帳に感想文を書いてそれ写すみたいなやり方で書いてました

なんでしょう、ノルマみたいなのが設定されているとやる気が無くなるのと似たような感じですかね

その辺りは心理学的な話になるのでよくわかりませんが…

 

とにかく、マジかわわな妹ちゃんに作文を書いてあげるととても喜んでいたので兄ちゃんもハッピーです

 

いいように使われているだけだろと思うかもしれませんが、その通りです

でも、可愛いので全てオールオッケーです

 

激かわちゃんの言いそうな間違いを真似してみました笑

 

黒歴史になりそうだけどまぁいっか笑

シスコンの兄でした

ではでは〜